老舗商家の歴史

創業305年の商家

 木津屋は、正徳元年(西暦1711年)、初代木津屋治郎兵衛によって創業された老舗の商家でございます。江戸時代より大坂南堀江で薬の商いをしてまいり、創業305年の旧家でございます。
 正徳とは江戸時代の年号で、時の天皇は中御門天皇(なかみかどてんのう)であられ、将軍は第六代の徳川家宣の時代でございます。

 現在の当主は、十三世の木津屋治郎兵衛でございます。
 戦前までは、主として漢方薬の製造(調合)・卸しの商いをしておりました。

 本家の戦前の地名は、大阪市西区南堀江一番町22番地で、江戸時代後期は、葭屋町/葦屋町(よしやまち)という名でございました。今の大阪市西区南堀江4丁目8-24にあたります。


老舗商家

商家の歴史・大阪の郷土史

 木津屋.jp は、老舗商家「木津屋」の歴史をご紹介すると共に、温故知新の観点から、昔の商家全般の研究と、旧家が歩んできた歴史の時代背景を見ていきたく存じます。
 また、木津屋のある南堀江と北堀江、さらに大阪西区、大阪ミナミ、大阪市、大阪府、そして畿内と、郷土史を研究してまいります。
 そして、木津屋.jp の運営が、当家と地域の御先祖様の供養になるのではと感じております。


古文書・文献の研究

 木津屋に伝わる古文書や外部の文献、当時を知る人の証言などを調査・研究しております。然るに、このサイトの 情報は常に追加・修正が成されていきます。それは、このサイトが常に未完成であることを意味いたします。ご了承頂きたく存じます。


名跡の継承

 ≪木津屋治郎兵衛≫

 旧家の過去の歴史としてだけではなく、襲名と伝承の仕来りが現在にまで脈々と引き継がれ、未来にも継承されていくべきものとして捉えております。300年前に登場した名跡「木津屋治郎兵衛」が時代を超え、今尚、平成の世に生き続けている面白さを、ご紹介いたします。


歴史の伝承

 商家木津屋としては300年でございますが、家の歴史としては1400年以上の歴史を遡れます。家の歴史と世の中の歴史を調べて繋ぎ合わせ、まとめていきたく思います。

 聖徳太子様の飛鳥時代より、多くの自然災害や戦災を乗り越え、脈々と受け継がれてきた大切な伝承が、先の太平洋戦争で大きく失われてしまいました。あちらこちらに散在している伝承を拾い集めて体系化することと、それを世に伝える使命を感じ、調査研究と、このサイトの構築を行っています。