熱田神宮

 熱田神宮 ( あつたじんぐう )と木津屋について


大宮司家

尾張氏

熱田神宮 松姤社


 熱田神宮は、大宮司家によって守られてきました。初代から40代くらいまでの大宮司は木津屋のご先祖です

 40代のうち11代ほどは、近代まで世襲が続いてきた千秋家( せんしゅう )です

 熱田神宮は尾張氏により創祀されました。30代ほど後の平安時代に、藤原氏の血が入りました


 写真 : 宮簀媛命 ( みやすひめ )を祀る松姤社 ( まつごしゃ )と、尾張氏の子孫


 【 大宮司家 】 一般には社家(しゃけ)でありますが、熱田神宮では大宮司家と称しています


草薙剣

 草薙剣 ( くさなぎのつるぎ )を1900年以上に渡りお祀りしています

熱田神宮 神輿渡御


 草薙剣が熱田神宮に戻った喜びを伝える神輿渡御 ( しんよとぎょ )

 前の日の夜に執り行われる「 酔笑人神事 」 ( えようどしんじ )も、同じ喜びを伝えています



尾張氏

 尾張氏 ( おわりうじ )は、天火明命( あめのほあかり )を祖にもつ氏族です。尾張国造( おわりのくにのみやつこ )という官職を賜りました

 熱田神宮には、尾張氏のご先祖が多く祀られています


熱田神宮 本宮

 相殿神として、尾張氏のご先祖、建稲種命 ( たけいなだね )、宮簀媛命 ( みやすひめ )が祀られています。 他、三柱の神


上知我麻神社

上知我麻神社


 熱田神宮の境内摂社、上知我麻神社 ( かみちかま )

 尾張氏のご先祖である乎止與命 ( おとよのみこと )を祀っています


下知我麻神社

 熱田神宮の境内摂社、下知我麻神社 ( しもちかま )

 尾張氏のご先祖である乎止與命の妻、真敷刀婢 ( ましきとべ )を祀っています
 西向きの社殿であり、境内摂社でありながら境内からの参道がないという珍しい神社です

熱田神宮の謎

 上に記した上知我麻神社と下知我麻神社は、境内の北の端と南の端に分かれて御鎮座しています。また、上知我麻神社は東向き、下知我麻神社は西向きです。熱田神宮は、とてもメジャーな神社ですが、このことをはじめ、謎はとても多いです


日長神社

 ひながじんじゃ   御祭神 : 日長命 ( ひながのみこと )   宮簀媛命 ( みやすひめ )の兄

今彦神社

 いまひこじんしゃ   御祭神 : 建稲種命 ( たけいなだねのみこと )   尾張氏12代目の長、宮簀媛命の兄

乙子社

 おとごしゃ   御祭神 : 弟彦連 ( おとひこ )   尾張氏15代目の長

姉子神社

 あねごじんじゃ   御祭神 : 宮簀媛命( みやすひめ )   日本武尊 ( ヤマトタケルノミコト )の妻


 上の三社に素盞嗚神社と水向神社を合わせて、六末社と呼ばれています


断夫山古墳

断夫山古墳


 断夫山古墳 ( だんぷやまこふん/だんぷさん)は、熱田神宮では陀武夫御墓と称しています

 宮簀媛命のお墓と伝わっています



籠神社

真名井神社


 元伊勢と伝わっている京都府宮津市の神社

 籠神社( このじんじゃ )社家の海部氏 ( あまべうじ )は、尾張氏と同じ起源の氏族です



氷上姉子神社

元宮

氷上姉子神社 元宮


 草薙剣が御鎮座していた元の地

 愛知県名古屋市緑区大高町火上山1-3



ヤマトタケル

 日本武尊 ( ヤマトタケルノミコト )は、熱田神宮を創祀した宮簀媛命の夫です

 天叢雲剣を使って活躍をし、その剣は草薙剣と呼ばれるようになりました


白鳥古墳


 白鳥古墳( しらとり/しろとり )は、ヤマトタケルのお墓であると伝わっています




 熱田神宮 : 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1


 熱田神宮大宮司家の子孫 木津屋  大阪府大阪市西区南堀江4-23-27   06-4391-0704

ページの上に戻る