読売新聞 わが町伝言板

 「読売新聞 YC心斎橋」さん発行の「わが町伝言板」に、「木津屋の歴史」を連載しています。このページでは、その記事のバックナンバーをご覧になって頂けます。


木津屋の歴史

屋号

No.1  2017.6.15

四天王寺を建てるとき、ご先祖様の屋敷の前に、木材を集めました。ここから、「木の津」「木津」の地名が生まれました。長年その地は「木津村」と呼ばれていました。今の大国町あたりです。

名跡襲名

No.2  2017.7.20

代々、木津屋治郎兵衞の名跡を襲名しています。昔の商家ではよくありました。また、「字」より「音」を重視し、「次郎兵衞」と表した代もございました。婿養子が襲名することもございます。

堀江

No.3  2017.8.17

今はにぎやかな堀江も、約300年前までは、葦が茂るような湿地帯でした。幕府の命で、堀が掘られ、その土で周りの盛土を行いました。その結果、改良された土地と、運河としての堀江川ができました。

大阪大空襲

No.4  2017.9.21

「日吉幼稚園」の場所に木津屋はありましたが、大阪大空襲で、堀江の町は焦土と化しました。当家も焼け、当主やお家さん等は、帝塚山の親戚の家に身を寄せるなどしました。しかしその後、元の場所では、お家を再興できませんでした。

薬種屋

No.5  2017.10.19

昔は、薬種商などとも呼ばれておりました。今の漢方薬屋に近いですが、和薬も扱っていました。NHK連続ドラマ小説「わろてんか」が放送されておりますが、あのような感じです。木津屋は、このドラマの制作協力をさせて頂いております。 (11月11日 千里で講演します)

木津

No.6  2017.11.16

木津屋の「木津」は当家の歴史からきていると、No.1でお話しました。そばを流れる「木津川」や、西成区「木津川」の町名、「木津市場」など、大阪で、木津と名の付くものは、すべて当家に端を発しています。「元祖 木津」でございます。

襲名十周年

No.7  2017.12.21

ご期待ください 


「読売新聞 YC心斎橋」さん発行の「わが町伝言板」は、毎月第3木曜日に発行されています。