時代背景

年号別年表

聖徳太子の時代から平成までの歴史

 

   聖徳太子以前の歴史
懿徳天皇
紀元前506
  5年 第5代 孝昭天皇、誕生。 〜小野氏の祖
  
四世紀〜  小野氏の祖先である和邇氏の台頭
  
継体天皇
507〜531
  3年 第29代 欽明天皇、誕生。
  
宣化天皇
536〜539
  3年 第30代 敏達天皇、誕生。

   聖徳太子の時代から日下家誕生までの歴史
欽明天皇
539〜571
  小野妹子、誕生。(当家伝承の文献などによる推定)
敏達天皇
572〜585
  3年1月1日 厩戸皇子(聖徳太子)、誕生。
用明天皇
585〜587
  2年7月 蘇我氏、聖徳太子等が物部守屋を討伐。
  → 当家御先祖、河内国日下の荘に領地を賜わる。
崇峻天皇
587〜592
  2年 聖徳太子、玉造江に臨む地に四天王寺を創建。
推古天皇
593〜628
  元年10月 聖徳太子、荒陵の地に四天王寺創建
  →「木津」の地名の起こり
  11年 当家御先祖、欽明天皇行宮の地に住まう。
  11年 当家御先祖、聖徳太子様より日下の姓(かばね)を賜わる。
  14年3月16日 日下家始祖の小野日下義持、逝去。
  15年7月 聖徳太子、小野妹子を遣隋使として派遣。
    大化の改新から平安時代までの歴史
大化
645〜650
  大化の改新 →藤原氏の起こり
  
天智天皇
662〜672
  8年6月30日 小野妹子、逝去?(池坊由来記)。
  
和銅
708〜715
  5年 太安万侶によって古事記が献上される。
  
延暦
782〜806
  5年 第52代 嵯峨天皇、誕生。 〜源氏の祖
  
天長
824〜834
  小野小町、誕生?
  
    戦国時代
応仁
1467〜1468
  元年 応仁の乱発生
  
永正
1504〜1520
  4年 日下山願泉寺、現在の地に移る。
  
元亀
1570〜1573 
  元年9月12日 石山本願寺挙兵 〜石山合戦の始まり
  →当家の御先祖、木津城を築いて戦う(現在の西成区出城)。
天正
1573〜1592
  8年8月2日 顕如上人、石山本願寺退去。 〜石山合戦の終焉
    戦国時代の終焉
文禄
1592〜1596
  4年 浅井長政の三女 江、将軍徳川秀忠の正室となる。
慶長
1596〜1615
   江戸時代の幕開け
元和
1615〜1624
 
寛永
1624〜1645
  3年 田屋 浅井直政、三好姓に改姓。
 (丸に井桁紋の三好氏の起源)
正保
1645〜1648
 
慶安
1648〜1651
 
承応
1652〜1654
 
明暦
1655〜1657
 
万治
1658〜1630
   初代木津屋治郎兵衛の誕生から現在までの歴史
寛文
1661〜1673
  5年? 紀伊國屋文左衛門、誕生。
┐10年 住友理兵衛、誕生。
延宝
1673〜1683
|元年 三井高利が「越後屋」を開業。
|8年 鰻谷茂左衛門町の「年寄」に木津屋七郎右衛門
天和
1683〜1684
├初代木津屋治郎兵衛、誕生(推定)。
貞享
1684〜1688
|4年 河村瑞賢により淀川治水完成。
|4年 下村彦右衛門、誕生。
元禄
1688〜1704
┘7年 天王寺屋五兵衛、逝去。
  7年5月6日、三井高利、逝去。
  11年 堀江川掘削。
  12年 木津川掘削。
寶永(宝永)
1704〜1711
  4年10月4日 宝永地震(大地震と大津)。
  6年5月1日 徳川家宣、第6代将軍に就任。
  6年6月21日 中御門天皇、御即位。
正徳
1711〜1716
  元年 ≪木津屋≫創業。
享保
1716〜1736
  2年 下村彦右衛門正啓が、伏見に「大文字屋」を開業。
  2年 5代目淀屋三郎右衛門(辰五郎)、逝去。
  4年 住友理兵衛、逝去。
  9年3月21日 大火「妙知焼け」。
  14年 三好正慶尼(木津屋雪)、誕生。
  17年 享保の大飢饉(享保の仁風)。
  19年 紀伊國屋文左衛門、逝去。
元文
1736〜1741
  元年9月23日 初代木津屋治郎兵衛、逝去。
  4年 辰巳屋騒動
寛保
1741〜1744
 
延享
1744〜1748
  4年 下村彦右衛門、逝去。
寛延
1748〜1751
  4年9月18日 二世 木津屋治郎兵衛、逝去。
寶暦(宝暦)
1751〜1764
  2年3月18日 一世・二世 木津屋治郎兵衛の墓建立。
明和
1764〜1772
 
安永
1772〜1781
  9年10月 少彦名神社(神農さん)、道修町に御鎮座。
天明
1781〜1789
  2年〜8年 天明の大飢饉。
寛政
1789〜1801
  3年10月10日 寛政の南の大火 堀江・島之内が焼失。
享和
1801〜1804
  2年 高島屋飯田新七、誕生。
文化
1804〜1818
  3年5月 三好正慶尼(木津屋雪)、逝去。
文政
1818〜1830
 
天保
1830〜1844
  天保の改革
  2年 飯田新七が、古着商「高島屋」を創業。
  4年〜7年 天保の大飢饉(天保の仁風)
  8年 大塩平八郎の乱。
  12年 藤田伝三郎、誕生。
  13年 伊藤忠兵衛、誕生。
弘化
1844〜1848
 
嘉永
1848〜1854
 
安政
1854〜1860
  元年11月4日〜5日 安政地震(大地震と大津波)。
  5年 伊藤忠兵衛、近江麻布類の行商を開始。
萬延
1860〜1861
 
文久
1861〜1864
  4年 安田善次郎、日本橋小舟町に「安田屋」開業。
元治
1864〜1865
 
慶應
1865〜1868
  王政復古の大号令。江戸時代の終焉。
明治
1868〜1912
  5年 伊藤忠兵衛、大阪本町に呉服反物店「紅忠」を開業。
  6年 日本初の株式会社「第一国立銀行」開業。
  7年 高島屋飯田新七、逝去。
  26年 岩崎彌太郎、「三菱商会」を設立。
  37年2月6日〜明治38年9月5日 日露戦争。
大正
1912〜1926
  小林製薬鰍フ前身「小林大薬房梶v、大阪西区に創立。
昭和
1926〜1989
  20年3月13日〜3月14日 大阪大空襲。
平成
1989〜2011
  13年 木津屋本家、江戸時代よりの故郷「南堀江」に戻る。
  19年 十三世 木津屋治郎兵衛襲名。
  23年 木津屋、創業三百周年。

 主に、大坂および木津屋(日下家)関連が中心の年表になっております。一般的な年表ではございませんが、老舗商家及び旧家の歴史を感じとって頂ければ幸いです。


同時代の商家

天王寺屋五兵衛 両替商の基礎を築く。
鹿島屋
米屋

江戸時代の豪商

北海道 -
青森県 -
岩手県 -
宮城県 -
秋田県 -
山形県羽前国
福島県岩代国
茨城県 -
栃木県下野国(野州)
群馬県上野国(上州)
埼玉県 -
千葉県 -
東京都武蔵国(武州)  奈良屋
神奈川県 -
新潟県 -
富山県 -
石川県 -
福井県 -
山梨県 -
長野県信濃国(信州)
岐阜県飛騨国(飛州)
美濃国(濃州)
静岡県 -
愛知県三河国(三州)
尾張国(尾州)
三重県伊勢国(勢州)
伊賀国(伊州)
志摩国(志州)
滋賀県近江国(江州)  伊藤忠兵衛
京都府山城国(城州)
大阪府河内国(河洲)
和泉国(泉州)
摂津国(摂洲)  加島屋、淀屋、鴻池屋、住友、天王寺屋
兵庫県淡路国(淡洲)
播磨国(播州)
奈良県大和国(和州)
和歌山県紀伊国(紀州)  紀伊国屋(出身地という説有り)
鳥取県因幡国(因州)
伯耆国(伯州)
島根県出雲国(雲州)
石見国(石州)
岡山県美作国(作州)
備前国
備中国
広島県備後国
安芸国
山口県周防国(防州)
長門国(長州)
徳島県阿波国(阿州)
香川県讃岐国(讃州)
愛媛県伊予国(予州)
高知県土佐国(土州)
福岡県 -
佐賀県 -
長崎県 -
熊本県 -
大分県 -
宮崎県 -
鹿児島県薩摩国(薩州)
大隅国(隅州)
沖縄県琉球国

製作中