漢方薬の商い

薬種商

漢方薬の薬袋

 戦前までの木津屋の主な商いは、薬の調合と卸しでございます。
 時代的に、漢方薬(唐薬)ということになります。  古文書には「薬種所」「薬種商」という表記が見られますが、薬種のみの商いだけでなく、調合し、木津屋のオリジナルブランド 薬品も製造しておりました。
 商家によっては扱う品が時代と共に変わる場合がございますが、木津屋は創業当時から漢方薬を扱っていたと伝わっています。

 大坂道修町の薬種中買仲間より薬種を仕入れ、調合(製薬)をして販売店・製薬会社などに卸しておりました。
 また、薬種のままでも卸していたようでございます。

 木津屋には今なお、170年くらい前の薬種も保存されております。


製品名(判明している薬のみ)
 「人参竒應丹」(奇応丹)、「万王散」、「博應丸」、「肥児丸」、「奇験方」、「家傅五寶丹」(五宝丹)他。
 大正時代から終戦までは、「人参竒應丹」が主力の商い品で、日本全国に販売しておりました。

木津屋が薬を卸していたお店(現在も存続で、判明しているお店のみ)

道修町

 木津屋をはじめ、江戸時代から戦前の薬種商は、道修町と深い関わりを持っておりました。
 道修町には、薬種中買仲間という株仲間が存在しておりました。日本の薬種は、この道修町を中心に動いていました。


薬屋の金看板・表看板

 明治時代、金看板と呼ばれる、文字通り金箔を使った看板が流行しました。
 この金看板は表看板とも呼ばれますが、当時の金看板・表看板はとても凝った作りで、当時は各店が豪華さを競い 合ったようでございます。現在でも骨董品収集家の垂涎の品になっております。
 木津屋のような薬種商の店は、卸し先の販売店に、商品名や屋号の入った看板を掲げて頂いておりました。

 木津屋の看板をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非教えて下さい。
 (大坂堀江の木津屋治郎兵衛・木津屋次郎兵衛でございます。)

商家の表看板

昭和初期の表看板


掛屋敷

 本家の近隣に貸家を所有し、借家業もしておりました。ただし、副業なのか、商いの重要な位置を占めていたのかは定かではござい ません。しかし、大阪大空襲後の木津屋においては、借家業(掛屋敷)のみが、途切れること無く歴代から承継された唯一の商いで、大変貴重なものでございました。

 江戸時代には、このような貸家を掛屋敷と呼び、大店(おおだな)の重要な経営の一つになっていたようで ございます。

 【家賃の相場】 木津屋の掛屋敷の場合、第二次世界大戦終戦前の昭和20年頃で、22円から120円くらいでございました。
 最高額の120円は医院の賃料でございます。


少名彦命 神農神

張子の虎 薬種商では、薬の神様であられますところの、少彦名命(すくなびこなのみこと)と神農様を、良く祀っております。

 写真:少彦名神社の張子の虎