木津川

 木津屋ゆかりの川である大阪の木津川を、木津屋治郎兵衛がつづります

 木津川はかつて、日本全国の物産の集積地として栄え、今も進化し続けています


木津川の起点

 土佐堀川、安治川、木津川の分起点

木津川 昭和橋


 写真手前 : 昭和橋

 奥に湊橋、端建蔵橋、船津橋が見える

 2016年5月27日



松島

 昔、このあたりから尻無川と分かれていました

 島の北端にあたり、名物の松の木がありました

松島


 写真 : 桜咲く松島公園
 右:大阪市立西屋内プール


2017年4月4日


木津川の橋

木津川 川口

写真奥から

木津川大橋
木津川橋

右側の町 西区川口


2016年5月27日


木津川 伯楽橋

写真奥から

湊橋 (土佐堀川)
昭和橋
木津川橋
木津川大橋
大渉橋
松島橋
伯楽橋


2017年10月15日

 かつては、大渉橋と松島橋の間から尻無川が分かれていました


大正橋

 大正区の区の名前の元になった橋

 木津川がなかったら、大正区という名前の区もなかったことになります。また、区名の候補の中には、木津川区というのもありました


 しかし、大正区のもっとも隅っこにあり、東半分は浪速区であるということはおもしろいことです


大浪橋

木津川 大浪橋


 大正区と浪速区をつなぐ大浪橋

 かつて、このあたりから、七瀬川、三軒家川が分かれていました


2022年9月24日

木津川の橋


渡し舟

落合上渡

 かみんぐす〜ん

落合下渡

 かみんぐす〜ん

千本松渡

 かみんぐす〜ん

木津川渡

 かみんぐす〜ん

船町渡

 木津川運河

 かみんぐす〜ん


最盛期には、上の渡しのほか、今木渡、難波島渡、船囲渡、運河口渡がありました


江戸時代の渡

 江戸時代から明治の初めの渡


天神祭

天神祭 木津川


 天神祭 宵宮

 2014年7月24日



木津川の夜景

木津川


 千代崎橋から大阪ドーム前歩道橋を望む


 2014年7月24日



木津川 小船


 遊覧船かと思われます

 2022年8月27日



アドプトリバー千代崎

 かみんぐす〜ん


トコトコダンダン

 かみんぐす〜ん


難波島

 大浪橋 ( おおなみばし )から南の方角を望んでいます

難波島 月正島


 昔ここには、難波島という中州の島がありました

 江戸時代、難波島の中ほどを貫く工事が行われ、木津川がまっすぐになりました

 政商の河村瑞賢さんの指揮で行われました


 それにより、二つに分かれた島の西側は難波島、東側が月正島となりました

 2022年9月10日


木津川口

石山合戦

 ここで、「第一次木津川口の戦い」「第二次木津川口の戦い」がありました

 木津城が近くに造られ、守られました

 → 木津城


 その後も、大坂冬の陣において、木津川口の戦いがありました


木津川台場

 幕末に台場(だいば)が造られました。台場とは砲台で、日本の色々な場所に造られました

 元治2年(1985年)、台場は木津川の河口に2箇所造られましたが、今ははっきりした場所は判らなくなっています。判っていれば、東京のように「お台場」と言われてたかもしれません


木津川水門

 かみんぐす〜ん


木津川灯台

 明治11年5月に造られました

 (調査中)


木津川飛行場

木津川飛行場


 かつては、国内最大規模の航空拠点でした



木津川新田

 今の西成区津守は、開発された時、木津川新田と呼ばれていました。のちに、津守新田となり今の北津守・南津守となっています


産物

産物と云っても昔の産物です

木津川蜆 ( しじみ )の名が、「大阪産物名物大畧」という文献に見られます

大阪産物名物大畧は、「国宝大阪全図 改正増補」(伊丹屋善兵衛 文久3年1月)に記載されています


木津川の名前

 木津川 ← 木津の地名 ← 木の津 ← 四天王寺建立の木が集められた津

 という流れですが、詳細は今後の研究課題です


 【 そのほか、木津川の名前を冠したもの 】

大阪市浪速区木津川の町名

 かみんぐす〜ん


木津川駅

 かみんぐす〜ん


木津川公園

 かみんぐす〜ん


難波八十島

 昔、大阪の海は難波八十島 ( なにわやそじま )と呼ばれ、たくさんの島々がありましたが、木津川のあたりにも多くの島々がありました


木津勘助

 木津勘助は、寛永7年(1630年)に木津川の治水工事を行いました。浚渫(しゅんせつ)という、水深を確保する工事です

八坂神社

 木津川近く、大正区の三軒家東に八坂神社が御鎮座しています。正保4年9月(西暦1646年)、木津勘助が京都の八坂神社のから勧請したことが起こりです。境内には木津勘助の彰徳碑が建てられています


洪水・津波

正徳2年(1712年) 洪水

安政元年(1854年) 6月14日 大地震

 11月4日 再び、大地震

 11月5日 地震 津波 3m


安政津波遭難者供養碑

 かみんぐす〜ん



【 支流など 】

木津川運河

 かみんぐす〜ん


岩崎運河

 木津川と尻無川をつなぐ岩崎運河

岩崎運河


 写真 : タグボート大正  岩崎運河の起点

 2022年9月4日



尻無川

 木津川から岩崎運河が分かれ、尻無川とつながる

尻無川


 写真 : 尻無川の起点

 2022年8月29日


 昔は本田から分かれ、千代崎の町を流れ、この写真のところにつながっていました

 京セラドーム大阪の、真ん中あたり流れていました


七瀬川

 今は埋め立てられて存在しない川です

 難波島の中ほどに木津川を通す工事がされましたが、それまでは、この七瀬川が、木津川の元の流れでした

七瀬大明神

七瀬大明神七瀬大明神


 2022年9月24日



 七瀬川の名は、今はどこにも残されていないようですが、唯一、七瀬大明神の祠が、その名を伝えています

七瀬川


 七瀬川跡 ( 月正島 )から、木津川の向こうの難波島の方角を望む


十三間堀川

十三間堀川


 写真 : 十三間堀川の痕跡 〜七瀬川から分かれたところ



三軒家川

 七瀬川と同じく、木津川の元の流れの一つでした。木津川から分かれ、木津川に注いでいましたが、早い時期から三軒家川と名付けられていました。



京都 木津川

 京都の木津川とは関係ありません

 淀川水系ということでは、つながっていますが、まったく別の川です

 名前は同じですが、その由来は違います
 ただ、木津という地名の発生は、似通ったところがあります

 しかし、伊賀の青山高原を源に三重の町、そして京都を流れ、大阪に入り淀川に注がれ、その先で大川、そしてまた木津川へとつながるというは、なにか趣きがあります


木津川の「 木津 」とは → 木津